平和の森荘 鹿児島県の離島【徳之島】で経営する民宿平和の森荘が地場産品を専門に販売しています。

トライアスロンIN徳之島大会

◎7月1日(日)に第31回トライアスロンIN徳之島大会は何とか終了することができました。

台風7号の影響でスイム種目をランに変更し、バイクを35キロにショウトカットしてデュアスロン大会として開催しました。ラン5キロ・バイク35キロ・ラン21キロのコースとなりましたが、参加したアスリートの皆さまは満喫していただけたようです。

今年は約60人の皆さまが宿泊していただきました。29日(金)は開会式&カーボパーティー終了後に民宿の食堂で恒例の交流会。再会や新しい出会いがあり、とても和やかな時間を共有することができました。

 

30日の大会前夜の夕食は郷土料理“鶏飯”で炭水化物を充填していただきました。

角皿が鶏飯の具材です。ササミ・卵焼き・シイタケ・インゲンに薬味の生姜やネギなどです。どんぶりにご飯を入れてその上に具材を乗せ、鶏ガラでとった特製スープをたっぷりかけて召し上がっていただきます。

鶏飯を盛りつけるとこのような感じになります。

7月1日大会当日は午前6時から朝食が始まりました。ご飯を黙々と詰め込んでいる感じです。

早朝からですが朝食は殆ど完食されます。さすがトライアスリート・・・

朝食を終えると準備を整えてバイクでスイム会場のヨナマビーチに自走していきます。

スイムに変えて第一ランはヨナマビーチを出てクロカンコースを一周しヨナマビーチに向かいます。

民宿の前では私設エイドでアスリートを応援しています。35キロにショートカットしたバイクが総合運動公園に向かって疾走押して行きます。

第二ランのスタート地点から約2キロ地点の民宿施設エイドはスイカがメインのエイドです。中盤以降に通過するアスリートの皆さまはここでゆっくり補給をし、交流して出発していきます。

7月1日閉会式&ドンチャンパーティー終了後に民宿の食堂では第4種目の交流会を例年通り行いました。大会を振り返りながら親交を深めていただきました。

台風7号の影響で海の便は30日から全便欠航j。空の便も欠航が相次ぎ、ほとんどのお客様が足止めされてしまいました。その結果、3日も帰れなかった皆さまは、やることもないので昼間からアルコールが入って夜は大賑わいでした。

4日の夕ご飯

イザリ漁でとってきた魚やタコ、庭先で摘んだツワブキやミングイ(キクラゲ)・敷地内でとれたキュウリやナス・春の味覚タンカンゼリーなど・・・

5日の朝ご飯

磯で摘んだアオサの佃煮やキュウリ・にがうりのピクルスなど・・・

 

出発前にはそろって集合写真を撮影するのが平和の森荘流・・・

7月5日にトライアスロン関係での宿泊メンバー最終組が出発していきました。

埼玉から民宿の応援&アスリートとして帰省していた娘夫婦も送り出し、7日から通常の宿泊業務に戻りました。

お婆ちゃんは民宿の庭でお見送りでした。

徳之島の一大イベントが終わりました。台風の影響でいろいろなハプニングがありましたが、それはそれで忘れられない思い出になったことと思います。

今年も泊っていただき本当にありがとうございました。

また来年、元気でお会いしましょう。

たくさんの写真を撮影してfacebookに載せてあります。出場した民宿にお泊りで無いアスリートの皆さまも映っていますので、興味のある方はご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください