平和の森荘 鹿児島県の離島【徳之島】で経営する民宿平和の森荘が地場産品を専門に販売しています。

お食事ご紹介

民宿平和の森荘のお食事をご紹介します。

 

※出来る限り地場で採れた食材を使い、女将が心をこめて調理したお食事で活力を充填していただきます。

 

・4月18日の夕食

・大皿のコロッケは自家農場で採れた無農薬栽培新じゃが・天然の長命草(ボタンボウフウ)・ヒジキ入りです。フライは西の海でイザリ漁で突いてきたブダイ。

・2連小鉢には西の磯で摘んだ天然アオサと敷地内で摘んだ天然ツワブキの佃煮。キュウリ・ダイコンの自家製ピクルス。

・中央の小鉢はダイコンの酢のもの。

・手前の小皿は冷ややっこキムチ。

・御鉢には敷地内で摘んだツワブキと自家製切干大根、豚三枚肉の煮物。新じゃがとカボチャ煮を添えています。

・刺身は定番の島ダコ(西の海でイザリ漁ゲット)。

・写真には写っていませんが、ノコギリガザミ(西のイノーで獲れました)のお味噌汁がついています。ごはんは何杯でもお代わりいただけます。

※最近わかったことですが、徳之島で獲れた島ダコは量が少ないために島内でも殆ど流通してないようです。

 

 

・4月21日の朝食

・卵焼きには色づけでアオサが入っています。

・ツワブキ入りアオサの佃煮。

・ハンダマのオリーブオイル炒め。振りかけてあるのは無肥料無農薬で自家栽培の金ゴマです。

・デザートは島内産のタンカン。

・暖かいお味噌汁はお客様が着席されてからお持ちしています。

・ごはんはお代わり自由で、ご自分でよそっていただくのが民宿龍です。

 

 

 

 

 

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください